妊娠中のニキビ

妊娠中のニキビはどうケアしたらいい?


妊娠中にニキビができたら?

ニキビができる原因とは

妊娠したらニキビが増えてしまって困っているという人、すごく多いと思います。乾燥肌だったはずなのになんでニキビ?と不思議に感じてる人もいますよね。

妊娠したらニキビが増えちゃった!どうしたらいい?

これも妊娠によるホルモンバランスの乱れが原因。ホルモンバランスが崩れて免疫力が低下すると、ニキビの原因となるアクネ菌が過剰に繁殖してしまうからなんです。

では、この妊娠中のニキビ、どうやって対処していったらいいんでしょうか。

ニキビへの対処法

塗り薬だけでは不十分

まず、とっさに考えるのが塗り薬だと思います。飲み薬は赤ちゃんのことを考えたらNGですからね。

でも、塗り薬は一時的な効果はあっても、ホルモンバランスが崩れている限りにニキビは出てくるので、あまりいい解決方法とはいえないと思います。

正しいスキンケアで内側から改善

やはり体の内側から肌状態を良くしてあげるのが一番。その手段のひとつが正しいスキンケア。ニキビ肌を改善するスキンケアをしていきましょう。

正しいスキンケアで体の内側から肌を改善していくことが大切です

ちなみにホルモンバランスの崩れでできるニキビというのは、乾燥によって引き起こされるニキビになるので、普通にできるニキビとは違います。

普通のニキビは、オイリー肌などで皮脂が多量に分泌されてしまい、毛穴がふさがってしまうことでできますが、ホルモンバランス崩れでできるニキビは、乾燥によって肌のバリア機能が低下して、角層が厚くなることが原因。

つまり、ニキビができたからといってオイリー肌用の化粧品をつけるのは逆効果。乾燥肌、敏感肌用の化粧品がオススメです

洗いすぎないように注意

スキンケアをする上でまず大切なことは、顔を洗いすぎないようにすること。ニキビができると、肌が汚くなってるのかなと思ってついつい洗顔を増やしてしまいがちですが、洗いすぎると肌の潤い成分まで洗い流してしまうことに。

潤い成分が少なくなってしまうと、肌のバリア機能を守るために角質が厚くなってしまい、そのために毛穴の出口が角質でふさがれて余計にニキビが悪化してしまうことになるからです。

洗いすぎない適度な洗顔をすることがポイントです。

ニキビ対策のスキンケア

では、具体的なスキンケア方法をみていきましょう。

クレンジングはクリームタイプ、洗顔は固形石けん

クレンジングは肌への刺激が少ないクリームタイプのものがオススメ。中でも、拭き取るタイプではなく、洗い流すタイプのものにしましょう。

洗顔料は固形石けんがベスト。こちらも刺激が弱く肌に優しいからです。しっかり泡立てて優しく洗うのがポイントです。

ビタミンC誘導体配合の化粧水

化粧水はビタミンC誘導体配合のものがオススメ。ビタミンC誘導体には皮脂分泌をコントロールしてニキビを抑える作用がある他、赤いニキビ痕を薄くする効果もあるからです。コットンは使わずに手で優しくつけるようにします。

しっかり保湿ができる美容液

美容液はヒアルロン酸やセラミド配合の油分が少なめのものを使ってしっかり保湿をするようにしましょう。

保湿すると余計にニキビが増えるんじゃないかと考えがちですが、保湿することで、毛穴の角化異常が抑えられるので、逆にニキビを抑制することができるんです。肌トラブルに必要なのはどんなときも保湿なんですね。

クリームは油分が多いので、ニキビがヒドいときは避けるようにしましょう。

ファンデーションはパウダータイプ

ファンデーションはなるべくつけない方がいいですが、つけるとしたらリキッドタイプやクリームタイプではなくてパウダータイプを選びます。リキッドやクリームタイプのものは油分が多く、毛穴をふさぐものが多いので要注意。化粧下地は使わないようにしましょう。

まとめ

ニキビができてしまったときは、いつもよりも肌への刺激になることを避けて、油分が少なく保湿がしっかりできる基礎化粧品でお手入れをするのがポイントです。

妊娠中のニキビ対策にも効果あり
↓気になる方は下記バナーをクリック↓

妊娠中の肌荒れの原因と対策、妊娠中の肌荒れに効果的な化粧品「ディセンシア アヤナス」の詳細トップページへ

妊娠中の肌荒れの原因と対策、妊娠中の肌荒れに効果的な化粧品「ディセンシア アヤナス」の詳細はトップページから確認することができます。