妊娠中に肌荒れしたときのスキンケア方法

妊娠中に肌荒れしたときのおすすめスキンケア方法


肌荒れのときのスキンケアはどうしたらいい?

保湿クリームでお手入れしよう

肌荒れしてるときのスキンケアってどうするのがいちばんいいんでしょうか。

肌荒れしているときの肌というのは、角質層が乱れてしまい肌のバリア機能も低下している状態で、外からの刺激を受けやすくなってしまっています。

そのため化粧水を塗るとしみたりすることもあります。

化粧水よりもクリームがオススメ

化粧水がしみるくらいに肌荒れしてしまっているときは、無理に化粧水は使わず、肌が落ち着くまでは保湿クリームだけでケアしてあげるのがベター。

クリームはやわらかくて肌に優しいので、敏感になっている肌でも安心して使えるんですね。朝、夜ともに保湿クリームだけでケアしましょう。

固まるタイプのパックが効果的

それでもなかなか肌荒れが回復しないときは、パックを使用するのがオススメです。

パックでも化粧水がしみ込ませてあるシートのパックではなく、クリームタイプの固まるもので、あとで拭き取ったり洗い流したりするタイプのものが効果的。

シートのパックは奥まで届かない

シートのパックは、乾燥して肌荒れしている状態の肌に使用しても、水分が蒸発してしまって皮膚の奥まで浸透しないんですね。

固まるパックは肌を密閉することで、水分が蒸発することなく皮膚の奥まで届くので、乾燥肌や敏感肌の人にピッタリなんです。

肌が乾燥すると化粧水で水分を入れなきゃと思いがちですが、角質が不安定な状態だと化粧水だけでは肌の奥まで届かないので、クリームを使ったケアを心がけましょう。

重要!保湿クリームの選び方

そこで重要になってくるのが、どんな保湿クリームを使ったらいいのかということ。

保湿にはセラミドが必要

保湿で大事な成分はセラミドです。

セラミドは皮膚の角質層で肌の潤いを保つ役割をしているんですが、妊娠などで肌荒れがおきると減少してしまうんですね。なので、このセラミドを補うことができるクリームを選ぶのが重要です。

効果の高いセラミドを選ぼう

セラミドは種類が色々あるんですが、中でも「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」が保湿力が高いので、この1、2、3のうち、どれかが入っているクリームを選びましょう。

数字ではなくて記号だったり、セラミドだけの表記のものは、偽物の可能性があるので要注意です。

価格が安いものは要注意

ただ、これらのセラミドが入っていても、安い価格のクリームだと少ししか配合されていないことが多いので、あまり安いものはやめた方がいいです。なるべく3,000円以上のものにするのがオススメですね。

アヤナスのASクリームは、セラミド2がちゃんと配合されていて、価格も5,400円(会員だと4,860円)なので、保湿力は間違いなし。この保湿クリーム、トライアルセットにも入っているので、ぜひ試してみてくださいね。

アヤナスのクリームは保湿力が高いセラミド2が配合

敏感肌ケア×エイジングケア<<アヤナストライアルセット>>のお試しはコチラ

妊娠中の肌荒れの原因と対策、妊娠中の肌荒れに効果的な化粧品「ディセンシア アヤナス」の詳細トップページへ

妊娠中の肌荒れの原因と対策、妊娠中の肌荒れに効果的な化粧品「ディセンシア アヤナス」の詳細はトップページから確認することができます。